【野田愛実】いろんな歌い方でそれぞ
れの楽曲の世界観を表現できた

現役大学院生のシンガーソングライター野田愛実(のだえみ)が、2ndミニアルバム『時間旅行』をリリース。これからの自身を位置付けるもっとも重要な一枚になると感じていたという今作について話を訊いた。
取材:高良美咲

昨年9月30日に初の全国流通盤ミニアルバム『ミライ』をリリースして、いつも以上に多くの人に作品が届いたということで、アーティストとしての変化もあったと思うのですが。

リリースをしてから、本当にたくさんのライヴをしましたね。特にショッピングモールや路上イベントなどでのライヴが多かったのですが、このような不特定多数の方が集まる場所でのライヴだと、リアルなお客さんの反応が見られるんですよ。とても勉強になるし、多くの人が足を止めてくれた時の快感を、ライヴをすればするほど手応えとともに感じることができました。同じ楽曲を歌っても、今と1年前とのパフォーマンスや伝え方はどんどん変わっていくものだと思うし、受け取る側もきっとそうだと思うんです。なので、その曲を作った時の気持ちを尊重しつつも、“今の私”として楽曲を成長させていきたいと思いながら歌ってます。

“時間旅行”と名付けられた今作ですが、テーマを掲げた上で選曲や制作に取り掛かったのですか?

楽曲を作る際のテーマとしてストーリー性を強く意識したり、聴いた人がその世界に飛んでいってしまえるような楽曲を作りたいと考えていました。なので、今作に収録されている楽曲は、季節やシチュエーション、登場人物の関係性が聴いただけで思い浮かぶような描き方をしています。“きっと目を閉じれば、時間も場所も季節も飛び越えて、誰だって歌の中の登場人物になって、その世界を旅することができる”という想いで“時間旅行”と名付けました。前作はデビューミニアルバム、そして今回は2作目。もちろんこれから生み出すどの作品も大事なものなのですが、アーティストにとって2作目はそのアーティストの“らしさ”と“変化”の追求が試されるものだと思っていて、これからの“野田愛実”を位置付けるもっとも重要な一枚になると感じていました。

1曲目の「タイムトラベラー」は、《理想と現実はいつも 離れていくもの》と悩みながらも、《一度限りの今を 生きていこう》というポジティブさで聴く人の背中を押すような曲ですね。

私が中学3年生の時に書いた歌詞がもとになっていて、久し振りにこの詞を見た時、今の自分ならこれを最高の作品にできると思いました。サビ部分に《あの頃の僕は時間さえ自由に飛ぶタイムトラベラー いつだって 何度だって 過去をやり直せたけど》というフレーズがあって。当時の私がいつのことを“あの頃”と呼んだのかはあまり覚えてないですが(笑)、子供ながらにこれから大人になることへの期待や怖さがあって、それを乗り越えて今の自分を受け入れて前に進もうとしてたような気がして。23歳の大人になってみて、この歌を作っていた当時にうらやましさもあるんですが、それなりに喜びや挫折を経験してきた今だからこそ出せる深みや説得力もあるし、歌の中に出てくるように《大人になった今日だって 悪くはない》と思えています。それが嬉しいです。

「冬恋」は煌びやかなサウンドで、韻を踏んだキャッチーなサビが愛らしいです。

この曲は、“冬のキャンペーンやCMソングになってほしい! 冬と言えばこの曲でしょ!”と思ってもらえるような曲を書きたい!と思って作りました。聴いていただくと分かると思いますが、この歌はゲレンデが舞台なんです。女の子って雪の中にいるとより一層かわいくなるじゃないですか? だから、恋もたくさん生まれると思うんですよね。歌詞はもちろんですが、メロディーやアレンジからもその音のひと粒ひと粒がキラキラ光って降ってくる、最高に可愛くてハッピーな楽曲になったと思います。

一転して、「待宵の月」はアコギとパーカッションのスリリングな展開、力強い歌声が印象的な一曲でした。

「私が作る両想い曲の多くは、恋が実ったらハッピーな部分を描くことが多いのですが、そのイメージとはひと味違うものを作りたいというのがありました。付き合っているからこそ生まれる不安や嫉妬、相手を強く想うがあまりにもっともっと欲しくなってしまう…。そんな感情が爆発しそうなギリギリのところを歌いたいと思ってレコーディングに挑みました。アレンジもシンプルで、だからこその緊迫感、恋い焦がれる切実さが伝わるような楽曲になりました」

最後を締め括るスローナンバーの「チェシャ猫のシッポ」は、《私は夢を鳴らす》というフレーズが印象的で、これからも歌い続けるという意思も感じられました。

ちょうど失恋をした時に書いたのですが、恋愛も夢もなかなか自分が思うようにはいかないなぁって改めて思ったんですよね。“もう少しで手が届きそう”と思ったら、また離れていって、その手をつなぎ止めるために自分を取り繕って…本音を隠して窮屈になってるのがすごく嫌で。不安で怯えてばかりいたら、自分の中の輝いている部分がなくなっちゃうって思ったんです。だから、“この輝きが離れないように私は私らしく歌っていこう”と、そんな想いで書きました。これから歌い続けていくために、どうしてもこの曲を今作の最後に持ってきたかったんです。今回の作品は自分の願望だったり妄想を歌にしているものが多いんですが、この楽曲は作ってから1年以上温存していた曲でもあるし、私のリアルな感情が乗っているので恥ずかしくもありますが、思い入れの強い一曲です。

今作ではプロデューサーに多田慎也さん、岩田秀聡さん、松岡モトキさんの3名を各楽曲に迎えています。まずは、「タイムトラベラー」「さよなら」の作曲を務めた多田慎也さんと一緒に制作に至った経緯は?

多田さんは、今作で初めてプロデュースしていただきました。初めてお会いしたのが去年の冬で、私のライヴをたまたま観ていて、声を掛けてくださったんです。その時に“運命だ! 曲を書いてもらいたい!”と思ってすぐにお願いしたんです(笑)。「タイムトラベラー」「さよなら」の作曲をしていただいたのですが、多田さんが作るメロディーは聴けば聴くほど味わい深くなるんです。どんなにいい曲でも聴きすぎると飽きちゃったりするじゃないですか? でも、そんなことを微塵も感じさせなくて、何度も聴いたあとでもまた新しい発見があって、歌っていてすごく楽しいです。誰かに作曲をしてもらうということは初めてで、すごく新鮮で楽しかったんですが、難しくもありました。自分の書いたメロディーなら好き勝手に歌詞に合わせて変えちゃったりするんですけど、そういうわけにもいかないので…(笑)。

岩田秀聡さんは、前作収録曲の「全力ガール」「うらがえし」でもプロデューサーとして参加されていましたね。

岩田さんにはデビュー前からずっと長くお世話になっていて、私が曲作りに苦戦している時には曲を添削したり、アドバイスをくださって。それからスムーズに楽しく曲が書けるようになったんです! アレンジをお願いする時に希望を伝えるのがすごく下手クソなんですが(笑)、いつもそんな私のことを理解してくれて。アレンジされたものを聴いて“そう! まさにこれなのー!”っていつも思ってます(笑)。今回は「冬恋」「夏のせい」の2曲をプロデュースしていただきました。レコーディングでは歌っているとどうしても自分の癖みたいなのが出てきちゃうし、歌の世界観を客観的に判断できないこともあるんですが、岩田さんの指摘は的確で分かりやすくて、自分だけでは思い付かなかった伝え方を引き出してくれるんですよ。

松岡モトキさんも前作から引き続いて、今作では「待宵の月」「チェシャ猫のシッポ」のプロデュースをされていますが、改めて学べたことは何かありましたか?

今年の3月に開催したワンマンライヴでもバンマスをしていただいて、その時にこの2曲も歌ったんです。ポップで強めに押していく曲が多い中で、“野田愛実はそれだけじゃなくて、こんな一面もあるんだぞ”みたいなのを伝えたくて。歌い方や楽曲を作る時って、どうしても足していきたくなっちゃうんですが、時には引き算もいい楽曲を作る上で必要なことなんだと学びました。特に「待宵の月」はそうですね。

今作は一曲一曲違う主人公がいるかのようにまったく違う歌声で歌い上げていたり、サウンドやアレンジも幅広くて、今後の野田愛実の可能性も感じさせる一枚でした。

一曲一曲違う主人公がいるという部分に気付いてくださってすごく嬉しいです。今回、どの曲も明確に主人公を描いていて、その主人公を演じながら歌っています。お芝居ができるわけではないんですが、昔からドラマや映画が大好きだったので、歌うことでその中の登場人物になれるっていうのは、めちゃくちゃ幸せなんです。自分の声には自信を持っているので、その自慢の声を使って、いろんな歌い方でそれぞれの楽曲の世界観を表現できた一枚になっています。

来年3月12日には地元である名古屋CLUB QUATTROにて『野田愛実ワンマンライブ『時間旅行』〜晴れ女、今日も快晴なんです(笑)〜』を開催しますね。

憧れのCLUB QUATTROでのワンマンということで、今からドキドキが止まらないんですが、今年のワンマンから1年経って、さらにパワーアップした野田愛実を魅せたいなと思っています。みんなと“時間旅行”へ! ドラマチックな旅にしたいです!!
『時間旅行』
    • 『時間旅行』
    • ZINE-1017
    • 2016.12.07
    • 1800円
野田愛実 プロフィール

ノダエミ:1993年生まれの現役女子大生シンガーソングライター。幼い頃から歌を歌い、13歳から作曲を始める。2015年1月、ZIP-FM主催『SPOTMUSIC AUDITON』でグランプリを獲得し、9月30日に待望の全国流通盤『ミライ』をリリースする。野田愛実 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」