デビッド・ボウイに発見された
スーパー・ギタリスト、
スティーヴィー・レイ・ヴォーンの
『テキサス・ハリケーン』

ボウイからのツアー参加要請を固辞、
レコーディングに専念

『レッツ・ダンス』に収録されたタイトル曲のアルバム・ヴァージョンは8分近い長さだが、シングルバージョンは4分強で、半分ほどの長さに編集されている。カットされているのは途中のフリージャズ的なホーンの部分で、これは理解できるのだが、エンディングのギターに関してはスティーヴィーのソロを一部差し替えるなど、相当力の入った編集作業が行なわれている。これなどは、ボウイがいかにスティーヴィーのギターに魅せられていたことがわかるエピソードだと思う。

ボウイは『レッツ・ダンス』の世界ツアーにスティーヴィーを参加させたかったのだが、自身のレコーディングに専念したいと彼は依頼を固辞している。ギャラが安かったからという理由が流布されているが、やはりスティーヴィーの中ではデビューアルバムを早くリリースしたいと考えていたというのが自然ではないだろうか。

S.R.V&ダブル・トラブルの
デビュー作『テキサス・フラッド』

ジェリー・ウェクスラーに推薦され『モントルー・ジャズフェス』でデビューしたスティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルだが、アルバムデビューの際には同じく大物プロデューサーのジョン・ハモンドに認められ、エピックレコードからのリリースが決定する。デジタルサウンドやヘヴィメタル全盛の83年に、ギター、ベース、ドラムの3人でブルースを演奏することは時代と逆行していると多くの関係者が考えていたが、彼のグループが放つエネルギーはリスナーに有無を言わさぬほどのパワーに満ちていた。

ジャクソン・ブラウンのスタジオで録音された『テキサス・フラッド』は83年の終わりにリリースされ、50万枚以上のセールスを記録した。この遅れてきたブルースアルバムは、他の人力演奏のロックグループやブルースマンに大きな希望を与えた。また、クリス・デュアーテ、ケニー・ウェイン・シェパードらのような後進のデビューを容易にさせただけでなく、後にジョン・メイヤーのようなスーパースターを生むことになったのも、このアルバムが成功したからこそである。打ち込みがもてはやされた80年代に人力演奏でデビューした彼の存在は、ポピュラー音楽界全体に相当大きな影響を及ぼしたと言える。

本作『テキサス・ハリケーン』について

そして、84年にリリースされたのが本作『テキサス・ハリケーン』である。前作との違いは、ジミヘンの代表曲「ブードゥー・チャイル」の秀逸なカバーが収録されていることからもわかるように、本作のほうがロックやファンクの要素が強い。

収録曲は全部で8曲。冒頭のインスト「Scuttle Buttin’」から凄まじいエネルギーでリスナーに迫ってくる。短い曲であるが、これだけのキレのある演奏はそうそう味わえるものではないので、ブルースファンだけでなく、ロックファンにもぜひ聴いてもらいたい。続くタイトルトラック「Couldn’t Stand The Weather」はファンクロックっぽいナンバーで、後半のギターソロはリスナーを煽りまくるというか、まるで喧嘩を売っているような暴れぶりだ。ギター・スリムの代表曲「The Things(That)I Used To Do」でも煽りは継続、アルバート・コリンズばりの切れ味鋭いフレーズの連発だ。ここまでの2曲には、スティーヴィーの兄でテキサスではかなり有名なギタリスト、ジミー・ヴォーンがリズムギターで参加している。

8分に及ぶジミヘンのカバー「Voodoo Child」では、デビューアルバムでは見られなかったサイケデリックロックやファンクの影響をも窺わせる強烈なギターソロを披露しており、かつてロックが光り輝いていた頃を思い出させる名演となった。スティーヴィーの気怠いヴォーカルが光る「Cold Shot」、珍しくロバート・クレイのようなハーフトーンを使ったスローブルース「Tin Pan Alley」、シャッフルの「Honey Bee」と正統派ブルースを3曲続け、アルバム最後はジャズテイストが強い4ビートのインスト「Stang’s Swang」で、彼の新たな一面を覗かせて本作は終わる。

本作は前作『テキサス・フラッド』(全米チャート38位)よりも上位の31位にランクインしており、これはブルースアルバムとしては異例のことである。ましてやリリースが80年代前半(何度も言うが)ということを考えると、彼の音楽がいかにすごかったかということがわかる。

残念ながら、彼は1990年に不慮の飛行機事故によって亡くなってしまうのだが、彼の壮絶とも言えるギタープレイは永遠に生き続けていく。彼のギターを体験したことがない人は、是非この機会に聴いてみてください♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Couldn't Stand the Weather』1984年発表作品
    • <収録曲>
    • 01. Scuttle Buttin'
    • 02. Couldn't Stand The Weather
    • 03. The Things (That) I Used To Do
    • 04. Voodoo Child (Slight Return)
    • 05. Cold Shot
    • 06. Tin Pan Alley (aka Roughest Place In Town)
    • 07. Honey Bee
    • 08. Stang's Swang
『Couldn't Stand the Weather』(’84)/Stevie Ray Vaughan

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着