圧倒的な名演を収録した
『クリームの素晴らしき世界』は、
70’sロックへの道標となった

『Wheels of Fire』(‘68)/Cream

『Wheels of Fire』(‘68)/Cream

ロックにおけるドラムの在り方を作り上げたのは、間違いなくジンジャー・ベイカーである。残念なことに10月6日に亡くなってしまったが、60~70年代前半にデビューしたイギリスのロックドラマーは、ほぼ彼の影響を受けていると言ってもいいだろう。そこで今回は追悼の意味も込めてロック史上に残る名演を収録した『クリームの素晴らしき世界(原題:Wheels of Fire)』を取り上げる。本作は2枚組で1枚はスタジオ録音、もう1枚はアメリカでの公演を収めたライヴ盤である。たった2年半の活動で空中分解してしまった彼らだが、クラプトンのギターをはじめ、ジャック・ブルースとジンジャー・ベイカーの壮絶なインタープレイがロック界に与えた影響は絶大なものがある。

アレクシス・コーナーの
ロックを進化させたブルース塾

ジャズは高度なテクニックが必要とされる音楽なので、各楽器が長いソロを取るのは当たり前のことだが、ロックの場合(特に60年代中期まで)は主にヴォーカルや楽曲が中心で、ギター以外の楽器で長いソロを取ることは稀だった。その傾向が変わってきたのは、イギリスのブルース塾ともいえるワークショップを主宰していたアレクシス・コーナーやジョン・メイオールなど、重鎮たちの下で切磋琢磨していたアーティストたちが次々にデビューしてからである。特にアレクシス・コーナーはジャズ出身で、彼のもとで修行していたプレーヤーはジャズの基本的な部分を叩き込まれていただけに、門下生以外の8ビートしか経験したことのないミュージシャンとはまったく違っていた。

中でも、コーナーの一番弟子であるグレアム・ボンドはコーナーのブルース・インコーポレイテッドに参加、63年に自身のバンドとなるグレアム・ボンド・オーガニゼーションを結成する。ボンドを支えるメンバーはジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルース(後のクリーム)、ジョン・マクラフリン(マハヴィシュヌ・オーケストラのリーダー)、ディック・ヘクトール・スミス、ジョン・ハイズマン(コロシアム)ら強力なアーティストたちで、みんなコーナーの塾に出入りしていたメンバーだ。この少し後、彼らはブリティッシュ・ジャズロックの原型を作り上げることになる。

スーパーグループの誕生

1966年、元ヤードバーズ〜ジョン・メイオール&ブルースブレイカーズの花形ギタリストとして知られたエリック・クラプトンが、ベーシストのジャック・ブルースと、ドラムのジンジャー・ベイカーとの3人で新しいグループを結成する。それがクリーム(“最上のもの”の意)で、ジンジャー・ベイカーがクラプトンに新グループ結成の話を持ちかけることから始まる。クラプトンにとっては願ってもない誘いであったが、ベイカーにベースをジャック・ブルースにするならOKという条件をつけた。

前述したように、ブルースとベイカーはグレアム・ボンド・オーガニゼーションでの同僚であったが、犬猿の仲で知られていた。しかし、ベイカーはクラプトンと新グループをやりたいがゆえ、その申し出を受けている。クラプトンがジャック・ブルースを知ったのは、エレクトラからリリースされたホワイトブルースを紹介するコンピ『ホワッツ・シェイキン』(‘66)用のセッション(パワーハウス名義)で一緒になった時、ブルースのベーステクニックと歌唱力に惚れ込み、彼とグループを組みたいと思っていたのだ。

この3人に共通しているのは、ジャズ的で白熱したインプロビゼーションができるテクニックを持っていたことだ。仲の悪いブルースとベイカーにとって、すでに“神”と呼ばれていたクラプトンとの新グループ結成は、お互いのマイナス部分に目をつぶるぐらいのメリットがあると考えたのだろう。実際、本人たちも自覚していただろうが、このトリオはロックの可能性を大きく広げる結果となった。文字通りのスーパーグループの誕生である。66年当時、クリームに匹敵するほどの実力を持っていたのは、名前が知られているアーティストではジミ・ヘンドリクスぐらいであっただろう。

クリームのアルバム

66年末にリリースされたデビューアルバムの『フレッシュ・クリーム』(全英6位、全米39位)には全12曲(各国で収録曲数は違う。これはLP時代の日本盤バージョン)収録されている。ジャック・ブルースが5曲、ベイカーが2曲を提供している。残りはブルースのカバーで、クラプトンは彼にしては珍しいスキッフル風の「フォー・アンティル・レイト」でのみ歌っている。この作品で驚くべきは「トード」でのドラムソロだ。おそらく、ロックのアルバムでドラムソロが登場した最初期の例だろう。

サイケなジャケットで知られる67年の2ndアルバム『カラフル・クリーム』(全英5位、全米4位)は、ブルースをベースにしながらも時代に即したポップなテイストの「ストレンジ・ブルー」、クリームの人気を決定づけた代表曲「サンシャイン・ラブ」などを収録している。このアルバムではソングライティングとヴォーカルを始めハーモニカやピアノなども使うなど、ジャック・ブルースの存在感は増し、彼の仕切りがベイカーの癇に障ることが増えていく。このアルバムではブルースロックから新たな段階への飛躍が見られるし、ハードロックの影も見え隠れしている。また、ワウやファズといったエフェクターの音が格段に良くなっているのも特筆すべきところだ。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着