泥臭いルーツロックと都会的な
AORサウンドをミックスさせた
レス・デューデックのソロデビュー作
『レス・デューデック』

『Les Dudek』(‘76)/Les Dudek

『Les Dudek』(‘76)/Les Dudek

今は亡きデュアン・オールマンの再来と言えば、デレク・トラックスの印象が大きいが、かつてはレス・デューデックに注目が集まっていた。2013年には来日公演があったのだが、観に行ったのはほとんどが昔からのファンで、ロック界ではすっかり忘れられた存在になってしまっている。しかし、彼が76年にリリースしたソロデビュー作『レス・デューデック』と、続くセカンド『セイ・ノー・モア』(‘77)は、後にTOTOを結成する敏腕アーティストたちとタッグを組み、オールマンブラザーズ譲りの泥臭いロックと洗練されたAORをミックスした新しいサザンロックを聴かせている。この2枚はどちらも甲乙付け難い内容であるが、当時、彼のデビューはかなり衝撃的な出来事だったので、今回は1st アルバムの『レス・デューデック』を取り上げる。プロデュースは『シルク・ディグリーズ』(‘76)の大ヒットで知られるボズ・スキャッグスが買って出ている。

唯一無二のデュアン・オールマンの存在

1971年、オールマンブラザーズバンドのリーダー、デュアン・オールマンはバイク事故で亡くなった。まだ24歳の若さであったが、すでに数々の名演でロック界屈指のギタリストとして知られていただけに、その死は大きく取り上げられた。不運にもその1年後、ベーシストのベリー・オークリーまでもバイク事故で失い、グループは壊滅的状況となった。解散が囁かれる中、グレッグ・オールマンをはじめ残りのメンバーは一念発起し、『ブラザーズ・アンド・シスターズ』(‘73)をリリースする。このアルバムはアメリカンロックの代表的なナンバーのひとつ「ランブリン・マン」(全米2位)や、新メンバーのチャック・リーヴェルのピアノソロが冴え渡る「ジェシカ」を収録するなど、新生オールマンブラザーズバンドの記念碑的作品となり、グループは完全再生する。

このアルバムにゲストとして参加したのが、デュアンの再来と言われた若干20歳の名ギタリスト、レス・デューデックである。彼のプレイはスライドではデュアンに、指弾きではディッキー・ベッツに似ており、このままデュアンの後任としてグループに参加するかと思われたが、「デュアンの後任は誰も務められない」とグループ内外から厳しい意見が相次ぎ、デューデックは結局このアルバム以降はグループに帯同せず、セッション活動を選んだ。オールマンの関係者にとってデュアンという存在は唯一無二の絶対的なものであり、デューデックもデュアンのフォロワーとして、そのことは十分すぎるぐらい認識していただろう。偉大なデュアン・オールマンを超えるためには、デュアンとはまったく違った道を進むしかないのである。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着